コンテンツにジャンプ
メニュー

トップ > 図書館案内 > 図書館について

図書館について

飯塚市教育委員会 あいさつ

日頃より、飯塚市立図書館をご利用いただき、誠にありがとうございます。
飯塚市立図書館では、小さな子どもからお年寄りまで、年齢に関係なく誰でもご利用いただけるよう、
毎月変わるテーマ別の特集、ボランティアのご協力による絵本の読み聞かせ、各種講座の開催、がん情報コーナーの設置などに取り組んでおります。

また、ブックスタート、図書館カフェ、図書館を使った調べる学習など本に触れる機会が増えていくように様々な事業を展開しております。
しかしながら、近年のスマートフォンの普及により、図書館を取り巻く状況は、激しく変化しており、読書離れも懸念されるところであります。
これからの図書館は、人々が必要な情報を求めて集い、交流できる施設であるべきと考えます。

そのためには、図書館の機能を見つめ直し、関係機関や団体と連携協力しながら図書館を発展させていかなくてはなりません。
この度の図書館のホームページの更新では、本の検索や予約と連動して書評や読書ノートなど新たなサービスをご活用いただけるようになりました。
これまで以上に、飯塚市立図書館をご利用いただけるよう、より良い図書館づくりに努めてまいりたいと存じますので、よろしくお願い申し上げます。

飯塚市教育委員会

飯塚市立図書館を運営する上でのお約束


知識と情報の宝庫としての図書館

人類がこれまでに培ってきた英知を書籍や雑誌などの形にまとめて蓄積し、整理し、保存する場所が図書館です。
市民の平等な利用を確保する観点から言っても、「いつでも」「だれでも」「どこからでも」、これらの知識と情報に接することができる体制を整えることが、飯塚市立図書館に求められる最大の役割だと考えます。


健全な社会づくりを支援する図書館

人は過去に蓄えられた知識や情報を活用し、新たな創作活動を行います。
人は自己の抱える課題を解決するために、蓄積された知識と情報を活用します。人は図書館を活用することによって成長し、自立していきます。
自分で判断し、自分で行動する人々がより良い社会を創り出します。
飯塚市立図書館は、人々の自立を助け、地域は彼らに支えられて成長していきます。


地域の人々のための図書館

言葉・歴史・祭りなど地域の文化を継承するためにも図書館の役割は欠かせません。地域の情報は図書館に集積され、唯一無二の資料となります。
一方で地域住民のニーズにあった資料やサービスの提供も必要となっています。
これから激増する団塊の世代や高齢者への支援はもとより、地域住民や地域で働く人々へのサービス、地域の将来を支える子どもたちへのサービスなどが求められています。
飯塚市立図書館は、地域と地域の人々のための公共施設として、市民サービスの要となります。