コンテンツにジャンプ
メニュー

トップ > 家読

 家 読(うちどく)

家読とは

「家読(うちどく)」は、「家庭読書」の略語で「家族ふれあい読書」を意味し、
「家族みんなで読書をすることで家族のコミュニケーションを深める」ことを目的にした読書運動です。
 飯塚市立図書館では、子どもの読書活動推進事業の一環として実施しています。

 家読コーナー

 家読ブックリスト


詳しくは図書館スタッフまでお尋ねください。

家読コーナーとは

飯塚市立図書館では、
「飯塚図書館」「ちくほ図書館」「庄内図書館」「穂波図書館」の4館で
常設展示「家読コーナー」を設置しています。

「家読コーナー」では、オススメする本の展示のほか、リストを設置しています。

飯塚図書館

 

ちくほ図書館


庄内図書館

 

穂波図書館



家読ブックリストとは


飯塚市立図書館では、
小学校3年生までを対象とした初級編、小学校4年生以上を対象とした上級編の
ブックリストのパンフレットをご用意しています。
また、下記のリンク先からも印刷できます。

家読ブックリストパンフレット



パンフレットに掲載された本の他にも、図書館スタッフが家読におススメする
リストは下記のリンク先からご覧ください。

家読ブックリスト(初級編)

家読ブックリスト(上級編)


お探しの本がございましたら、各館図書館スタッフにお尋ねください



家読リンク集


うちどく.com(家読推進プロジェクトHP)





Get Adobe Reader  PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください